頭痛 

仕事や家事が手につかないほどの頭痛に悩まされることはありませんか?
私自身もいわゆる頭痛持ちで、薬箱にはいつも鎮痛剤が欠かせません。
最近は、こどももいるのでじっと休むことは難しく薬に頼ることが多いですが、
鎮痛剤を普段から常用するのはあまりよくないとも聞きます。
どうしたら、なるべく頭痛を起さないでいられるのでしょうか?
また、頭痛が起きてしまったとき、お薬以外の症状を和らげる方法は?

今回は、女性に多い頭痛の悩みについてご紹介します。

頭痛のタイプ

片頭痛

若い女性に多い頭痛といわれています。頭の血管の拡張と炎症、ストレス、遺伝などが原因とされます。
アルコールやカフェインの摂取、睡眠不足、エストロゲンの減少が頭痛の誘因と考えられています。
生理痛の時に頭痛も同時に起きてしまうのは、月経時にエストロゲンが低下するためです。
また、更年期の閉経前もエストロゲンの変動により片頭痛が悪化することがあります。

・頭の片側が痛む
・ズキンズキン、ガンガンと脈打つように痛い
・体を動かすと、痛みが悪化する。動けない、寝込んでしまうことがある
・吐き気や嘔吐を伴うことがある
・光や音に敏感になる
・前触れがある(きらきら、ちかちかした点や線が見える視覚症状やチクチク感などの感覚症状)

緊張性頭痛

精神的ストレスや疲労や長時間同じ姿勢でいることによる血流の低下が原因とされます。
緊張性頭痛も男性よりも女性に多いタイプの頭痛です。

・頭全体が、ギューっと締め付けられるように痛む
・脈を打つような痛みではない
・肩こりや目の痛みを伴うことがある
・体を動かしても痛みが悪化することはない
・吐き気や嘔吐を伴わない

群発頭痛

ある一定の期間、連日のように起こる激しい痛みの頭痛。若い男性に圧倒的に多いのが特徴で、季節の変わり目や就寝時間と関連があるといわれています。

・片側の目の奥に長時間持続する痛み
・突き刺すような激しい痛み

どの頭痛タイプの症状が当てはまったでしょうか?
私は「片頭痛」タイプです。頭の血管がドクドクと脈打つように痛く、立ち上がったり、しゃがんだりすると痛みが激しくなります。台風や大雨がくる前や飛行機に乗ると痛くなることがあるので、私の場合は気圧の変化も大きな要因の一つです。

頭痛はタイプによって対処法が変わってくるので、まずは自分の頭痛はどのタイプか確認しましょう。

「片頭痛」回避・対処術

軽度の片頭痛の場合は次のような回避術で、頭痛が起きるのをある程度防ぐことができます。
また片頭痛が起きてしまったときの対処もご紹介します。

食べ物を見直す

片頭痛の誘因となる血管を拡張・収縮させたりする物質を含む食品の取りすぎを避けましょう。
・ワインやビールなどのアルコール
・チーズ
・チョコレート
・柑橘類
・ハムやサラミなどの加工肉
など

環境の強い変化に気を付ける

光、音、気圧、人ごみ、においなどの環境の変化には、脳が過剰反応しやすく片頭痛の誘因になります。
海など強い太陽光が当たる場所では、サングラスや帽子を。強いにおいの場所ではマスクがあるといいでしょう。

対処法

・暗くて静かな場所で安静にし痛みの感じる部分を冷やしましょう。

冷やす時にはアロマを使った冷湿布もおすすめです。

痛みを和らげる冷湿布

【材料】
・ベルガモット精油 2滴
・ペパーミント精油 1滴
手ぬぐい、タオル

【作り方】
洗面器に冷たい水をいれ、精油を垂らしよく混ぜます。
タオルを浸して、絞り、おでこに乗せるか頭痛のするところに当てます。
タオルが温まったら、また水に浸します。2,3回繰り返しましょう。

「緊張性頭痛緊張性頭痛」回避・対処術

軽度の緊張性頭痛なら、長時間の同じ姿勢であれば姿勢を変えたり血行をよくするためのストレッチがおすすめです。片頭痛と違い冷やすのではなく体を温めるようにしましょう。


いかがでしたか?

頭痛は目に見えないのでなかなか周囲にわかってもらえず休息をとりにくかったり、
また忙しくて休んでる暇なんてないこともありますよね。
ご自分の頭痛のタイプを確認して、回避・対処術お試しください。
頭痛がひどい場合は、無理せず病院に相談しましょう。