「若返りの水」ハンガリアンウォーターの作り方

ハンガリアンウォーターとは、芳香蒸留水や精油を材料にして作られる化粧水や、エタノールに浸けたハーブティンクチャーのことを指します。
その別名を「若返りの水」とよばれるほど、アンチエイジング効果が期待できる古から伝わる化粧水です。
今回は、「若返りの水」ハンガリアンウォーターとその作り方についてご紹介します。

王妃を若返らせたハンガリアンウォーター


王妃エルジェーベト

昔々、中世ヨーロッパ、14世紀ごろのおはなしです。
70歳を超えた高齢のハンガリー女王は、手足のしびれに苦しんでいました。
それを知った修道士は、ローズマリーを使って作った「ハンガリアンウォーター」を献上しました。
その「ハンガリアンウォーター」を使うと、手足のしびれはなくなり、見た目も若返りました。
そして女王は70代にして、隣国の若い王子からプロポーズされたというのです。その後「ハンガリアンウォーター」は「若返りの水」として有名になりました。

このお話は諸説あり、あくまでも言い伝えの昔話のようなものですが、
実際、ローズマリー(ベルべノン)には皮膚組織を再生させる作用があり肌のハリの回復やしわの予防に用いられ、アンチエイジング効果が期待できます。またフケや脱毛を予防する作用がヘアケアの作用もあります。

「ハンガリアンウォーター」の作り方

ハンガリアンウォーターは元々は、ローズマリーをアルコールとともに蒸留した蒸留酒といわれています。
蒸留法で作るのはとても大変なため、現在世界で楽しまれているハンガリアンウォーターは、ローズマリーをアルコールに浸けたハーブティンクチャーか精油やフローラルウォーター(芳香蒸留水)を使って作られたものです。
今回は簡単にできる、精油とフローラルウォーターのレシピをご紹介します。

【材料】
・フローラルウォーター ネロリ 25ml
・フローラルウォーター ローズ 20ml
・グリセリン 5ml
・ローズマリー精油 2滴
・ラベンダー精油 1滴

【作り方】
グリセリンに精油を混ぜ、フローラルウォーターを加えてよく混ぜます。
精油濃度は0.5%未満なので体にも顔にも使用できます。

ローズマリーは高濃度で使用すると肌刺激があるので、精油の量に気を付けましょう。
敏感肌の方は注意が必要です。使用前にはパッチテストをしましょう。


いかがでしたか?

ハンガリー王妃に愛された若返りの水「ハンガリアンウォーター」、そのアンチエイジング効果をぜひ試してみませんか。