精油の副産物、フローラルウォーター(芳香蒸留水)

フローラルウォーターは、精油より香りや皮膚への刺激が優しくスキンケアやアロマクラフトの材料として手軽に楽しむことができます。

フローラルウォーターとは、

フローラルウォーターとは、植物に水蒸気を当てて芳香成分を抽出する水蒸気蒸留法で精油を作る時に得られる副産物の蒸留水のことです。

別名
・芳香蒸留水
・ハーブウォーター
・ハイドロゾル

芳香成分が微量に含まれ、刺激が少なく、体や心へ穏やかに作用するのが特徴です。
精油より安価で、薄めずに使えることから、化粧水として使ったり、アロマクラフトコスメの機材などスキンケアに使われることが多く、またリネンウォーターとしてなど生活の中で幅広く使えます。

フローラルウォーターのいいところ

禁忌事項が少ない

フローラルウォーターに含まれる精油成分が精油の0.1~0.01%とごくわずかのため、フローラルウォーターは禁忌事項がほとんどなく、幅広い年代の方や、敏感肌の方でも使えるものが多いです。
※100%禁忌がなく安全なわけではありません
※使用前にパッチテストをしたり、専門家や医師に相談しましょう。

単体でも使える

精油のように希釈する必要がなく、そのまま使うことができます。
その効果は精油に比べ穏やかで、作用はゆっくりですがフローラルウォーターには、保湿効果、肌の引き締め、美白効果、かゆみ止めなどの美肌効果があると言われています。
また、弱酸性で髪の櫛通りをよくする効果があり、頭皮のトニック効果があります。

注意
フローラルウォーターは蒸留水なので、空気に触れると菌が繁殖しやすく、劣化が早いです。
冷蔵庫で保管しなるべく早く使い切りましょう。
また保存性を上げるために防腐剤が使用されていることもあります。

フローラルウォーターの種類

フローラルウォーターは沢山の種類があります。その中でも人気のあるものをご紹介します。

ローズ・・・最も人気があり、コットンにたっぷりしみこませフェイシャルマスクとして使うのがおすすめ。肌の引き締め効果と優雅な香りを楽しめます。

ラベンダー・・・さまざまな肌質のスキンケアに使えます。肌の再生を促し、日焼けややけどにもよいといわれています。

ローズマリー・・・肌を引き締め、肌荒れやニキビを防ぎます。頭皮に使用すると、脱毛やフケを抑制するといわれています。

カモミールジャーマン・・・抗炎症作用があります。日焼け、ニキビ、かゆみの緩和によいといわれています。


いかがでしたか?

アロマ精油の副産物、フローラルウォーターについてご紹介しました。

フローラルウォーターはそのまま化粧水としても使えますし、スキンケアのためのアロマクラフトの材料としてもおすすめです。
フローラルウォーターは飲用の事例もありますが、日本では法律上雑貨として扱われていて、添加物や保存料が入っていることもあるので飲用はしないほうがいいでしょう。