スキンケアのアロマクラフト

化粧水やクリームがいい香りだと、それだけでスキンケアが楽しくなりますよね。
アロマを使ったスキンケアコスメは自分でも作ることができます。
精製水に精油をプラスするだけで作れるスキンローションなど、スキンケアのアロマクラフトをご紹介します。

スキンローション(化粧水)

自分の好きな香りや、肌タイプに合った精油を選びます。精油は1種類だけよりも2種類以上ブレンドして相乗効果を引き出します。

【材料】
・好みの精油(2種類以上がよい)・・・合計4滴以内
・無水エタノール・・・10ml(敏感肌の場合は減らしてその分精製水を増やして、全体量が100mlになるよう調整する)
・精製水・・・90ml
・ホホバオイル・・・さっぱりなら無しで可。しっとりなら5ml(精製水を85mlに減らして、全体量が100mlになるよう調整する)

【作り方】

  • 1
    無水エタノール・ホホバオイル・精油を入れよく混ぜる。
  • 2
    1に精製水を加え全体をよく混ぜる。
  • 3
    完成
    使う前によく振って混ぜてから使う。

<肌タイプ別おすすめ精油>
普通肌・・・ゼラニウム、パルマローザ、マンダリン、ラベンダー、ローズ、ローズウッド
乾燥肌・・・カモミール・ローマン、サンダルウッド、ゼラニウム、フランキンセンス、ラベンダー
脂性肌・・・イランイラン、ジュニパー、ティーツリー、ベルガモット、レモン、ローズマリー・ベルべノン
敏感肌・・・カモミール、ラベンダー、ローズ、ローズウッド

クレンジングオイル

キャリアオイルと精油だけで手軽に作ることができます。自分が欲しい美肌効果のあるキャリアオイルと精油を選びましょう。

【材料】(1回分)
・好みのキャリアオイル・・・5ml
・好みの精油・・・1滴

【作り方】

  • 1
    混ぜる
    キャリアオイルに精油を1滴垂らしよく混ぜ合わせます。
  • 2
    完成
    こすらずにメイクになじませるようにして、すすぐときは必ず乳化させて洗い流します。
  •  

乳化とは
乳化とは、水分と油分が混ざり合って白く濁る現象のことです。乳化をすることで水とオイル・メイク汚れが混ざり合って、洗い流しやすくなります。クレンジングオイルを顔全体になじませた後、手に数滴水を垂らして白く乳液状になるようになじませていきます。

<肌タイプ別おすすめキャリアオイル>

乾燥肌・・・アボカドオイル、月見草オイル、カレンデュラオイル、マカデミアナッツオイル、オリーブオイル
脂性肌・・・アルガンオイル、セントジョンズワートオイル
敏感肌・・・アプリコットカーネルオイル、グレープシードオイル
すべての肌タイプにおすすめ・・・スイートアーモンドオイル、ホホバオイル

ミツロウクリーム

ミツロウはミツバチが巣を作るときに分泌するロウ(ワックス)です。ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、保湿性に優れています。ミツロウクリームは皮膚を柔らかくし、潤いを保つのに効果的です。

【材料と道具】
・ミツロウ・・・3g
・好みのキャリアオイル・・・25ml
・好みの精油・・・1~6滴
〇耐熱容器
〇遮光性保存容器
〇ヘラ、ガラス棒など混ぜるもの

【作り方】

  • 1
    入れる
    耐熱容器にキャリアオイル、ミツロウを入れる。
  • 2
    溶かす
    湯煎にかけるか電子レンジで加熱し、ヘラで混ぜミツロウを完全に溶かす。
  • 3
    精油を加える
    ミツロウが完全に溶けたら、湯煎から外します。粗熱が取れたら、精油を加えさらに混ぜます。
  • 4
    冷ます
    手早く遮光性保存容器に移し、冷暗所で冷まします。
  • 5
    完成
    3~4週間を目安に使い切ります。保管は直射日光の当たらない涼しいところで。

いかがでしたか?
天然のスキンケアコスメを、好みや肌の状態・目的に合わせて自分で手軽に作れる、スキンケアのアロマクラフトをご紹介しました。
精油にもキャリアオイルにも美肌効果を持つものがたくさんあります。材料はシンプルですが、その1滴の効果が大きいのがアロマクラフトの魅力です。また、シンプルなスキンケアは肌が本来もいる抵抗力や再生力、もっときれいになろうとする力を引き出してくれるそうです。アロマを利用したスキンケアぜひお試しください。
使用する前にはパッチテストをしましょう。