こどもとお出かけ 冬休み東京郊外版

こどもとお出かけ 冬休み東京23区内版は、こちら

この冬、こどもとのお出かけにおすすめの屋内のスポット、今回は東京郊外版をお届けします。

八王子 ボーネルンドあそびのせかいセレオ八王子

ボーネルンドが運営するあそび場「キドキド」の中で、あそびのせかいセレオ八王子は全国最大の場内面積を持つ広々とした室内あそび場です。
JR八王子駅に直結したセレオ八王子北館6階にありアクセスもスムーズ。

場内には、ボールプールエリアやトランポリンやエアトラックなど思い切り体を動かすあそびができるエリア、ままごと遊びやクライミングウォールなど様々な種類の遊びが用意されていて飽きることがありません。
あそびのせかいセレオ八王子は特に6ヶ月から18ヶ月までの赤ちゃん専用ゾーン「ベビーガーデン」が広いのが特徴。まだハイハイやヨチヨチ歩きだけの小さな子供も安心して広いスペースで遊ばせてあげることができます。

またキドキドにはプレイリーダーと呼ばれる、一緒に遊んだりあそびを教えてくれるスタッフがいることも魅力のひとつ。場所見知りしていたり、うまく遊べなかったりしていると優しく助けてくれたり、新しい遊びを提案してくれたりする頼もしい存在です。

参考 場内面積は全国のキドキドの中で最大!あそびのせかい<br /> セレオ八王子店

京王堀之内 東京あそびマーレ

東京あそびマーレはさまざまな遊具がそろう室内遊園地と18~20℃の快適な室温の中で一年中雪あそびができるスノータウンで、一日中遊びまわることができます。

室内遊園地には乗り物エリアと裸足エリアがあり、
関東最大級のミニエクスプレスやミニサイズのショベルカー「ビルダーズ」でボールや木材を運ぶ重機操作体験ができたり、
トランポリンやふわふわ遊具、ベビーエリアなどがあります。

スノータウンは体感温度約18~20℃という快適な空間で、プレイグラウンドでの雪遊びやそり滑りなど“365日雪が降る世界”スノータウンを思う存分楽しむことができます。

一度入場すれば、その日1日は入退場自由で、飲食物の持ち込みも可・場内にフードコートがあるなどの点もママたちに好評のようです。

参考 親子で1日遊べる室内遊園地東京あそびマーレ

立川 屋内・冒険の島 ドコドコ

立川駅から徒歩3分、立川髙島屋8階にあるドコドコはデジタルとアナログが融合した冒険の島。
きれいな波が寄せる「ちいさな砂浜」は汚れない砂で砂遊びができ、濡れることがありません。他にもカエルをつかまえて遊ぶ「ケロケロ池」、濡れない滝すべり「ドドドの滝」や、カバやゾウと泥当て遊びができる「泥んこジャングル」、トランポリンで飛びながら雲と雷であそべる「ふわふわ雲の上」など冒険がいっぱい。
また不思議な妖精「きのこのこ」とおしゃべりしたり、キッチンで作ったお料理を上げたり一緒に遊ぶことができます。
この「きのこのこ」との不思議でたのしいコミュニケーションがこどもに大人気!

参考 冒険遊びができるデジタルプレイグラウンド。屋内・冒険の島 ドコドコ

多摩センター サンリオピューロランド

京王線・小田急線多摩センター駅から徒歩5分、ハローキティをはじめサンリオの人気キャラクターに会える屋内型テーマパークです。
キャラクターのライブショーが楽しめるシアターや、パレード、キャラクターとのグリーティング、こども向けのライド系アトラクションが人気です。ちいさなこどもには、1歳から小学生までのこどもだけが遊べるふわふわキッズランドもおすすめです。

誕生日や記念日に来館すると、アニバーサリーカードがもらえカードを首にかけていると館内いたるところでお祝いの言葉とキャラクターのシールを貼ってもらえます。こどもはシール大好き!このカードがあるだけで、乗り物の待ち時間など楽しく過ごせたり満足度が上がります。記念日はどんな記念日でもいいそうで、何かを頑張った記念やはじめての来園記念など何か記念日を考えてカードをもらうことをお勧めします。

参考 ハローキティに会える場所!サンリオピューロランド

いかがでしたか?

こどもとお出かけ冬休み東京郊外版をご紹介しました。
冬休みにおすすめの外が寒くても思いっきり遊べる、屋内のあそび場を集めてみました。
こどもとのお出かけにお役立てください。