こどもとお出かけ 冬休み東京23区内版

クリスマスも終わりこどもたちはいよいよ冬休みを迎えている子も多いですよね。
寒くても、混んでいそうでも、こどもたちは「どっかつれってってー」と元気いっぱい。
「今日はどこ行こう・・・」「屋外は寒いし・・・」と悩むママも多いのでは?
今日はこの冬、こどもとのお出かけにおすすめの屋内のスポットをご紹介します。

品川 アクアパーク品川

アクアパーク品川は年中無休!年末もお正月も1日から営業しています。
水族館がメインですが館内には、イルカのいるメリーゴーランド「ドルフィンパーティー」と左右にスリリングに揺れる海賊船の「ポート・オブ・パイレーツ」がありアトラクションを楽しむこともできます。

アクアパーク品川は、ダイナミックなドルフィンパフォーマンスが一番のおすすめ!
360度どこからでも楽しめる円形プールで、客席はすり鉢状になっています。
エレベーター・エスカレータを出てすぐのあたりの客席前方では特に、ショー中大量の水しぶきがかかることがあります。
アクアパーク品川のイルカショーは、この水しぶきを思い切り浴びるのも楽しみ方のひとつ。イルカから水しぶきを浴びたい方はぜひ前方の席へ。
近くの売店で、100円でレインポンチョを売っています。サイズはフリーサイズのみなのでこどもにはこども用カッパを持っていくことをおすすめします。

アクアパーク内にレストランはなく、売店も食べ物はポップコーンやプレッツェルなどしかないのでご飯を食べるなら、再入場スタンプを押してもらって、お隣の品川プリンスホテル(直結)内のフードコート品川キッチンがおすすめです。

参考 アトラクションもある水族館!イルカショーがおすすめ!マクセル アクアパーク品川

二子玉川 #こどもしゃしんかん

#こどもしゃしんかんは、二子玉川ライズ iTSCOM STUDIO & HALLで行われている期間限定のイベントです。
「いまのかわいさ、ずっと残そう」の言葉通りこどもたちの今しか見ることのできない可愛さを、1年をテーマにした12のブースでの撮影したり、写真をその場でプリントしたり、カレンダーにしたり、グッズに変身させたりできます。
当日申し込みの先着順で、プロカメラマンによる撮影やワークショップも用意されています。プロの撮影代行は時間は30分と短めですが、撮影データの持ち帰りと無料で10枚プリントしてくれて3000円なので、お手軽でおすすめです。

参考 可愛い撮影ブースで今だけのこどもの可愛さを写真に残そう!#こどもしゃしんかん

渋谷 NHKスタジオパーク

 

スタジオパークは、NHKをまるごと楽しむ体験型のテーマパークです。
体験コーナーのひとつキッズワールドでは、「おかあさんといっしょ」のお兄さんお姉さんと、同じ画面で歌ったり体操したりのアトラクションや「いないいないばあっ!」「みいつけた!」などEテレのキャラとゲームが楽しめます。

また毎日開催されているウェルカムグリーティング(どのキャラクターに会えるかは当日のお楽しみ!)や毎週水曜日に開催される「わんわんとわ~お@スタジオパーク」では実際にテレビで見るキャラクターに合うことができるので、こどもたちも大喜び!
ウェルカムグリーティングでは、混雑していなければキャラクターと一緒に写真を撮ることもできます!
わんわんとわ~おは一日3回行われ、午前10時~整理券が配布されます。こちらは写真撮影禁止ですが、わんわんと一緒に5曲も歌って踊ってのステージが無料で楽しめます。新年も1月2日から開催されます!

12月22日(土)~27日(木)・1月2日(水)~3日(木)は無料公開デーです。
12月28日(金)~1月1日(火祝) は休館日です。

参考 わんわんやどーもくんにあえるかも!?

足立区西新井 ギャラクシティ こども未来創造館

ギャラクシティはクライミングやネット遊具など体を使うアトラクションや、工作や実験のワークショップ、床に自由にお絵かきができるアトリエ、小さな子が安心して遊べるちびっこガーデンなど様々な施設があり1日中遊べる体験型複合施設です。
入場料はなんと無料で、プラネタリウム観覧料は大人500円、小中学生100円、未就園児の膝上観覧は無料です。

参考 「夢に出会い、夢に挑戦する」、子どもたちの成長を支える夢とチャレンジのフィールドギャラクシティ こども未来創造館

いかがでしたか?
23区内にある屋内でこどもと楽しめるスポットをご紹介しました。
冬休みのこどもとのお出かけ楽しんでください。