肌を乾燥から守る食べ物

冷たく乾燥した空気にさらされて、大人も子供も肌が乾燥しがちなこの季節。
スキンケアも大切ですが、毎日の食事も肌の乾燥具合に影響を及ぼします。
今回は肌を乾燥から守ってくれる食べ物をご紹介します。

乾燥から守ってくれる食べ物

納豆

納豆のねばねばの主成分ポリグルタミン酸は、
肌表面に膜を作ってバリア機能を高め、肌内部の細胞を活性化させてアミノ酸などの天然保湿因子を増やしてくれるという働きをもち、
肌を守り本来のうるおいを保つ機能を回復させてくれます。
また細胞の再生をサポートするビタミンB1も豊富です。

角質細胞内にある天然保湿因子(=角質層の中で水分を含み、保持する)は、アミノ酸が原料ですが、卵は20種類ものアミノ酸が含まれています。食品中の必須アミノ酸の含有比率を数値で表すアミノ酸スコアでは、卵はなんと100点。
また卵は新しく肌を作るための材料となるタンパク質を多く含みます。

鮭(サーモン)

たんぱく質、肌の保湿機能を改善するセラミドの材料になるオメガ3系脂肪酸のEPAとDHA、アスタキサンチンが豊富です。
とくにアスタキサンチンは抗酸化作用が高く、保湿効果も抜群で、コラーゲンやエラスチンの生成をサポートします。
オメガ3系脂肪酸は熱に弱いので、生のまま刺身やお寿司として食べるのがおすすめです。

アボカド

抜群の栄養価を誇るアボカドには、セラミドを生成するリノール酸をはじめ、血行を促進して肌の新陳代謝を活発にするビタミンEの他、ビタミンB2、ビタミンC、βカロテンなど保湿を助ける成分がたっぷり含まれています。

ナッツ類

肌を構成する細胞膜の原料となり、うるおいを与える脂質、
代謝を活発にし肌荒れや炎症を抑えるビタミンB、
抗酸化作用が高く血行をうながし代謝を活発にしてくれるビタミンEが豊富に含まれます。

乾燥を悪化させる食べ物

ファストフード・インスタント食品

ファストフードやカップ麺などのインスタント食品に含まれる炭水化物は、とりすぎると栄養バランスをとるのが難しくなり、保湿成分を生成する栄養素が不足しがちになります。

甘いお菓子

菓子パンやクッキー、アイスクリームなどは「糖分・脂肪分」が多く含まれており、摂りすぎると肌の老化・糖化を促進させるおそれがあります。糖質の代謝によってビタミンB群が失われるので、肌に行き渡る量が減ってしまうことも。

お酒・コーヒー

カフェインやアルコールは利尿作用が強いため身体が水分不足になり、乾燥肌を深刻化させてしまうかもしれません。
アルコールはビタミンCやビタミンEの働きを鈍らせる働きがあるので、飲みすぎは厳禁です。


いかがでしたか?

体の内側から乾燥肌を改善する食材をご紹介しました。
もちろんまずは毎日規則正しい、栄養バランスの取れた食事をすることが大切です。
そのうえで、紹介した食材を取り入れて潤った肌を目指しましょう。