国産レモンで作る美容と健康レシピ

前回の記事(「今が旬!国産レモンで美容と健康を!」)でレモンの美容効果と健康効果についてご紹介しました。
でもミカンなどと違い、酸っぱくてそのままは食べられないのでたくさん摂取するのってなかなか難しいですよね。
今回は、皮まで安心して食べられる無農薬国産レモンを使った、美容と健康のレモンレシピをご紹介します。

簡単自家製レモネード

自家製のレモネードシロップを作っておけば、お湯や水、炭酸水を足すだけで簡単にレモネードが楽しめます。
自家製というと手が込んでいたり、時間がかかるイメージがありますが、
これは本当に簡単!

レモンを切ってはちみつに漬けるだけ!

材料
・国産無農薬レモン
・はちみつ

 

レモンを輪切り又は半月切りにスライスします。
保存容器にスライスしたレモンとはちみつを入れます。

たったこれだけです!
ポイントは皮まで安心な国産無農薬レモンを使うことと、
レモンが空気に触れないようにすべてはちみつにつかる状態にすることです。

また、使うはちみつの風味によって仕上がりの味に変化が出るのも面白いです。
レモンのさわやかな味を生かしたいなら、クセのないアカシアのはちみつがおすすめです。
また、アカシアには果糖が多く含まれており、結晶化しにくいので作り置きの保存に最適です。

以前我が家でレモネードシロップを作ったとき、スーパーによくあるカナダやアルゼンチン産の百花密を使用しました。
そのはちみつはコクがあり、レモンの味が少し押され気味で、レモンが主役のレモネードというよりははちみつが主役のはちみつレモンというような味わいに仕上がりました。
どんなはちみつと合わせるのが好みか、いろいろ試してみるのも楽しそうですね。

作ったレモネードシロップは、レモネードはもちろん煮込み料理などにも使えます。鶏肉や豚肉、サツマイモなどを煮るときに甘みと風味づけに加えてみてください。

家族みんなでレモン鍋

ここ数年で、レシピサイトでレモン鍋の作り方や食料品店でレモン鍋スープなどを見かけるようになりました。
お鍋にレモン、意外な感じですが、酸っぱいというよりはさっぱりとして美味しいです。
まだ試したことのない方はぜひやってみてください。

レモン鍋おすすめ具材
・白菜
・豚バラ肉
・きのこ
・鶏つみれ
・ウインナー
・牡蠣
などなど。
☆簡単☆あっさり塩レモン鍋☆
☆簡単☆あっさり塩レモン鍋☆

詳細を楽天レシピで見る

レモンピールの砂糖漬け

国産無農薬で皮ごと食べられるレモンだからこそ作れるレシピです。
砂糖漬けにすることで、苦みが和らぎつい手が伸びるおやつになります。
刻んで、クッキーやパウンドケーキに入れても美味しいです。

後ひく美味しさ「レモンピール」♬
後ひく美味しさ「レモンピール」♬

詳細を楽天レシピで見る

レモンカード

 

レモンカードはイギリスの伝統料理で、レモン・バター・砂糖・卵を湯煎してペースト状にした甘酸っぱいクリームです。
トーストやパンケーキ、スコーンなどと合わせて食べます。
卵黄の量を増やすと、カスタードクリームのようなこってりとしたコクのあるクリームになります。

簡単!レモンカード
簡単!レモンカード

詳細を楽天レシピで見る


いかがでしたか?
今が旬の国産レモンをたっぷりと使うレシピをご紹介しました。
このほかにも、塩レモンやリモンチェッロもおすすめですよ。
美容と健康に役立つレモン、ぜひお試しください。

前回の記事 「今が旬!国産レモンで美容と健康を!」