アロマで風邪予防

アロマはリラックスしたり、いい香りを楽しむものとして人気が高いですが、風邪を予防する効果があるんです。
寒くなってきて、風邪やインフルエンザなどが気になるこの季節。この冬はアロマで風邪予防してみませんか?

風邪予防におすすめのアロマ

ティーツリー

強力な抗菌作用を持つ。風邪・インフルエンザ・気管支炎などの感染症の予防。
鼻詰まりや鼻水、のどの痛みにも。

樹木系の清涼感のあるウッディーな優しい香り。

ユーカリ・ラディアータ

ユーカリの中種類の中でもユーカリラディアータは、抗菌作用・抗ウイルス作用を持つ。風邪・インフルエンザの予防。
咳を鎮めたり、抗炎症作用、免疫促進作用もあり、鼻のどの不調や炎症を改善する効果がある。

ユーカリラディアータはほかのユーカリ精油に比べて穏やかでクリアな香りが特徴。
鼻を通るすっきりとした樹木系の香りの中に、甘さも感じられる。

ラヴィンツァラ

比較的最近、注目され使われるようになってきた精油。
ラベンサラと言われることもあるが正式名所はラヴィンツァラで、ラベンサラという別の精油があるので注意が必要。
ウイルスに対抗する力を持ちインフルエンザ予防効果が期待できる。

すっきりと柔らかなスパイシーさのある香りで刺激が少ないので、入眠時にもおすすめ。

使い方

小さなこどもと一緒に使うなら

3歳未満の乳児・幼児には、芳香浴法以外は行わないようにしましょう。
日本アロマ環境協会 AEAJ ガイドラインより

直接肌に付けたり、飲んだりしないようにしましょう。
また、お風呂の浴槽にアロマオイルを1,2滴入れる方法もありますが、乳化剤を使いしっかりお湯と混ぜないとオイルだけがお湯の上に浮いて、直接肌に触れ刺激になってしまうことがあるので、小さなこどもと一緒の使用は避けましょう。

芳香浴とは、精油を空間に拡散させて楽しむ方法です。
やり方の種類は様々あり、キャンドルの熱でアロマオイルを温めたり、ライトやランプの電気の熱で温めたり、加湿器型のアロマディフューザーも人気があります。
ただ、小さな子供がいる場合は熱を使うものは万が一触ってしまったときにやけどの危険があります。
また、加湿器型は毎日お手入れをしないと、雑菌やカビが発生してしまいます。

そこで小さい子供と一緒に使う場合にお勧めなのが、安全で手軽に使えるアロマストーンです。
素焼きの陶器に、アロマオイルを滴下して使います。香りの拡散範囲は熱や電気を使う器具に比べて狭いですが、ほのかに香ってくれるので大人よりも敏感な嗅覚を持つ小さなこどもと使うにはちょうどいいと思います。
アロマストーンの形状は様々ありますが、おすすめは子供の手が届かない場所に吊るして使うタイプです。

ニールズヤードレメディーズのアロマストーン(アロマチャーム)

お家にいる時間や、寝るときなどに数滴アロマオイルをアロマストーンに落とし吊るしておくと、上からふんわりといい香りがしてきます。
我が家ではティーツリーをベースに柑橘の香りをブレンドしたアロマオイルを、アロマストーンに垂らして使っています。鼻が詰まって寝苦しい時など、スーッと呼吸が楽になるのでこどもも「ママ、アロマしてー」とお気に入りです。

風邪予防アロマスプレー

精油を精製水とエタノールで薄めてスプレーにします。
お部屋などの空間はもちろん、なかなか洗えないコートやマフラー、ハンカチやマスクにもシュッとスプレーして使います。
自分でお好みのブレンドをしてもいいですし、
最近は上記に紹介した風邪予防に効果のある精油をブレンドしたスプレーが市販されているので、手間もなく、香りのバランスもとてもいいのでおすすめです。


パーフェクトポーション ブリーズイージー マスクスプレー 25mL

マスクにスプレーするだけで、レモン、ユーカリ、ペパーミント、ティーツリー、スパイクラベンダーなどのすっきり系天然アロマ。鼻に抜けるような爽やかな香りが広がります。こちらは主にマスクにスプレーして使う商品ですが、他にも、キッチン周りでの使用や、トイレでのエチケットスプレーとしても使えるそうです。


アロマには、いい香りでリラックスするだけではなく抗菌・抗ウイルス作用や免疫力を高める効果もあります。
これから、風邪やインフルエンザが増える季節です。アロマの力を借りて元気に過ごしたいですね。
※妊娠中の使用は注意が必要です。医師や販売店に相談して使用しましょう。