そばアレルギー

そばはアレルギーが怖いから、まだ食べさせてないというママも多いのではないでしょうか?
では、そばアレルギーはどのように怖いのか、いつから食べられるのかをご紹介したいと思います。
どうか、年末の年越しそばでそばデビューなんて無茶なことはしないでください!

そばアレルギーとは

そばアレルギーとは、そば粉に含まれている、そばアレルゲンというタンパク質が原因によって引き起こされるアレルギーです。
そばアレルギーの症状は、他の食物アレルギーにくらべて重篤な症状が出ることがあります。これがそばアレルギーは怖いとイメージをもたれる理由だと思います。
そばを食べた直後に喘息発作、鼻アレルギー、じんましん、消化管アレルギーが併発し、アナフィラキシーショックを起こすこともまれではありません。
また直接口からそばを食べていなくても、そば粉(そば枕使用)の吸入でも鼻アレルギーや喘息発作を起こします。そば抗原性は非常に強いので、ごく少量でもアナフィラキシーショックを誘発する危険性があります。

アナフィラキシーショックはアレルギー症状のもっとも重篤な症状で、
・呼吸困難
・血圧低下
・意識障害
などが起こり、最悪の場合死に至ってします恐ろしいものです。

またそばアレルギーはこどもがなりやすい卵や乳アレルギーと比べ、一度アレルギー症状を起こしてしまうと、アレルギー耐性を獲得するのは難しい、治りにくいアレルギーだといわれています。

こどもはいつからおそばをたべていいの?

何歳からなら大丈夫といった答えはありません。明確な時期はありませんが、2~3歳に食べ始める場合が多いようです。
最初に食べるときは、離乳食ではじめとの食材を食べる時と同じように、病院がやっている日の午前中、しっかり茹でたものを1~2本。小さめにカットして、食べさせます。食後数時間はアレルギー反応が出ないか様子を見ましょう。

家族にそばアレルギーの人がいる場合や、そのほかの食物アレルギーをすでに持っている場合はかかりつけのお医者さんに相談しながら進めましょう。

そばアレルゲンはこんなところにも

そばアレルギーは、そばを食べる以外にもそばの粉を吸い込むだけでも発症することがあります。
意外なとこにそばアレルゲンがあることがありますので注意しましょう。

そば枕

そば枕は「そばの実」の食べれる部分を除いた殻を使って、枕を作っています。枕を使うと、寝ているときに鼻と口からアレルギー物質が侵入してしまいます。それにより、アレルギー症状がでてしまうのです。

うどん

うどんそのものには、そばアレルゲンは含まれていませんが、外食先でうどんがそばと一緒に茹でられているとゆで汁の中や、同じ調理器具を使うことでうどんにそばアレルゲンが付着し、そのうどんを食べることでそばアレルギー症状が出てしまいます。

はちみつ

はちみつとそばは一見関係がないように思えますが、はちみつの種類の中にはそばの花からとったはちみつがあります。


いかがでしたか?もし今年の年末に年越しそばを一緒に食べたいなとお考えであれば、前もってアレルギーがないか確認しましょう。