勤労感謝の日 職業体験をしよう!

今日11月23日は、勤労感謝の日です。
「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」と1948年に法律で定められました。
働くってどんなこと?お仕事ってどんなことをするの?ということをこどもたちが楽しく知ることができる、職業体験施設をご紹介します。

キッザニア

キッザニアはこどもがしみながら社会のしくみを学ぶことができる「こどもが主役の街」
約3分の2のこどもサイズに作られた街の中で、大人のようにいろいろな仕事をすることで、キッゾ(専用通貨)がもらえます。
キッゾは買い物をしたり、サービスを受けたりすることに使えます。
体験できる仕事やサービスは、なんと約100種類!実在の企業がスポンサーとなるパビリオンは約60あり、本格的な体験を演出しています。こども達は、リアルな職業・社会体験を通して、未来を生きぬく力を育むことができます。

キッザニアの対象年齢は3歳〜15歳で、保護者は子どもと一緒に仕事やサービスなどのアクティビティを体験することはできませんが、多くのパビリオンはガラス張りになっており、子どもたちが自分の力で頑張る様子を外から見学したり、写真を撮影したりすることができます。少しママから離れて、お仕事体験をしてみる。その体験はきっと子供たちを成長させてくれます。

キッザニアは、キッザニア東京とキッザニア甲子園の二か所があります。
キッザニアオフィシャルサイト

カンドゥー

カンドゥーもキッザニア同様、様々な職業体験ができるテーマパークです。
アクティビティの種類がキッザニアが約100種なのに対し、カンドゥーは30種以上と少し数では劣りますが、
カンドゥーの魅力は親子3世代でお楽しみいただけるテーマパークだということです。カンドゥーでは、すべての方に席が用意されます。退場するまで同じ席を使うことができます。食事だけでなく、ちょっとした休憩をしたりすることもでき小さなお子さま連れのご家族やシニアの方にも安心。荷物置きのスペースに利用するなど、使い方は自由自在です。
また、保護者も一緒に参加できるアクティビティもあり小さなお子様や人見知りが心配な子供も安心です。

カンドゥーオフィシャルサイト

マックアドベンチャー

「マックアドベンチャー」は、 ハンバーガーやポテト、ドリンクの作り方など、 マクドナルドならではのお仕事体験ができる ドキドキワクワクプログラムです。

体験メニューでは、(スタンダードプラン600円・スペシャルバーガープラン700円)
・ハンバーガーづくり
・ポテトづくり
・ドリンクづくり
に挑戦します!スペシャルバーガープランでは自分だけのオリジナルハンバーガーを作ることができます!
こどものユニフォーム姿がなんともかわいいですね。
一部の特定の店舗でのみ実施しているサービスで予約制ですが、お手軽な料金で1時間ほど体験できます。
実際に営業しているお店での体験は上記の職業体験テーマパークとはまた違った良さがあります。


いかがでしたか?今日は勤労の日にちなんで、こどもたちが職業体験をできる施設をご紹介しました。
どの施設も早めの予約がおすすめです。ぜひ楽しいお仕事体験してみてください。