乾燥注意!こどものスキンケア

風が冷たくなってきて、空気が乾燥していると感じるようになってきましたね。
ママたちは保湿が欠かせない季節になってきましたが、こどもたちはどうでしょうか?
今日はこれから乾燥する季節のこどものスキンケアについてご紹介します。

こどもの肌もケアが必要

こどもの肌は、すべすべ・モチモチ・つるつる・ぷるぷる。とにかくうらやましいぐらいにきれいですよね。
しかしこどもの皮膚は、大人よりも外部の刺激を受けやすいんです。

肌には、「角質層」という外部の刺激からお肌を守るバリア機能を持った層が肌の一番外側にあります。
こどもの角質層は、およそ0.02mmと言われている大人の角質層のさらに二分の一から三分の一ほどの厚みしかありません。

そしてこの薄い角質層を皮脂膜でおおわれることによって乾燥から守っています。
皮脂の分泌量は、生後2,3か月ごろまでは分泌が盛んですがその後は減少しそして、1歳ごろから思春期前までが人生の中で、いちばん皮脂の分泌量が少ない時期になります。

こどもたちは角質層を乾燥から守る皮脂が少ないので、クリームなど保湿ケアをしてあげることが必要です。
ケアをしないで皮脂膜が不十分だと、角質層が乾燥し肌を守るバリア機能が低下します。角質層の機能が低下すると外部の刺激を受けやすくなり、かゆみなどの原因になります。
また肌をかくことで、肌が傷つき角質層が傷つくので、さらにバリア機能が低下するという悪循環になってしまします。
乾燥やかゆみを感じる前に、日常的にスキンケアをして、保湿し常に肌を守ることが重要です。

お風呂上りにスキンケアを

お風呂上りにスキンケアをすることを習慣にすることがおすすめです!
お風呂に入った後は、お肌はみずみずしく潤っています。しかしその水分は時間が経つと共にどんどん失われます。
水分を失わないためには、入浴後10分以内にクリームを塗るなど保湿ケアをしましょう。

また、市販の保湿クリームの多くは肌に膜を作り水分を逃がさないようにして乾燥から防ぎます。
そのため、クリームを塗る前に肌がきちんと水分を持っている状態でいないと、スキンケアの効果が薄れてしまいます。
そのためにも、十分にお肌が潤ったお風呂上りすぐのスキンケアを習慣にすることをお勧めします。

おすすめスキンケアアイテム

白色ワセリン

薬局で手に入ります。そのまま塗るとべたっとするので、手に取って手の温度で温めてワセリンを柔らかく塗りやすくしてからから体全体に優しく薄くのばして塗布しましょう。厚塗りはかえって肌を乾燥させる原因となるのでNGです。

ニベア青缶

こちらも薬局などで安価に手に入り、親子で使えるのでお勧めです。顔にも体にも使えます。

ポンプ式クリーム

お風呂の後にさっと保湿するのにポンプタイプはとっても便利。ほこりが入る心配もなく清潔に使えます。


いかがでしたか?こどものすべすべ肌を守るには、乾燥でかゆくなる前に、毎日の保湿ケアが大切です。
これからの季節、さらに空気は冷たく乾燥します。お風呂であったまって、潤って、お風呂上がりのスキンケアぜひおすすめです!