気温差に注意!寒暖差アレルギー

11月に入りすっかり秋も深まり、寒くなってきましたね。朝晩や前日との寒暖差の大きいこの時期、風邪や花粉症ではないはずなのに、鼻水やくしゃみが出て困っていませんか。もしかすると寒暖差アレルギーかもしれません。今回は、寒暖差アレルギーと予防対策について紹介します。

寒暖差アレルギーって何?

急激な温度変化が原因となっておこる、鼻水・鼻づまり・クシャミなど風邪やアレルギーのような症状のことです。
一般にアレルギーには、たとえば、花粉、食べ物、金属といった、原因となる「アレルゲン」があって発症します。ところが、寒暖差アレルギーにはアレルゲンはありません。
昨日までは気温が高かったのに、翌日に急に冷え込んだなど、寒暖差によって自律神経が乱れることで起こります。
血管は寒いと縮み、暑いと広がります。寒暖差が激しいと、血管の収縮が環境に追いつけなくなり、自律神経が誤作動を起こし、体に不調をもたらしてしまうのです。
自律神経は激しい気温差で乱れるのが特徴です。とくに7度以上の気温差がある場合、症状が起きやすいといわれています。
専門的には「血管運動性鼻炎」と呼ばれることもあります。

予防対策

  1. 体を冷やさない
    外気の場合も屋内外の場合も、気温に合った服装をすることで、体が感じる温度差を少なくしましょう。薄着や厚着を着分けて温度調節をこまめにしましょう。
  2. 適度な運動
    寒暖差アレルギーになりやすいのは、筋肉量の少ない高齢者や女性と言われています。また運動をすることで自律神経が整うのを助けます。
  3. 正しい食生活
    高タンパク低カロリーな食事、疲労回復によいとされるビタミン・ミネラルなどをまんべんなく摂取することを心がけましょう。
  4. ストレスを避ける
    過度なストレスが長期にわたると自律神経は乱れます。同時に、免疫力も低下し、寒暖差アレルギーが起こりやすい身体状態になります。

症状が重かったり、長引くようならきちんと病院で診断してもらうことが大事です。