七五三のお祝い

秋になって、週末にちらほらとお着物をきて七五三のお参りをする姿を見かけます。
本来、七五三は子どもが三歳、五歳、七歳になった年の11月15日に、氏神様に子どもの成長に感謝し、今後の健やかな成長を願うものだそうです。
今日は七五三のお祝いについてご紹介します。

七五三ってなに?

昔は乳幼児期の死亡率が高く、宮中や公家では子供が生まれると、お七夜(命名式)に始まり、お宮参り、お食い初め、初節句、初誕生(1歳の誕生日)、そして七五三、と無事に成長することを祈るさまざまな儀式が節目ごとに行われていました。

七五三のルーツは、三歳の男女の「髪置き」、五歳男子の「袴着(はかまぎ)」、七歳女子の「帯解き」のお祝いで、江戸時代には、武家や裕福な商人の間でも行われるようになりました。やがて明治時代には三歳・五歳・七歳の三つの祝い事をまとめて「七五三」と呼ぶようになり、庶民の間にも広まりました。

現在では、地域によって違いもありますが、
女の子は、3歳と7歳
男の子は、5歳
にその成長を祝い、健康を祈る行事となっています。

数え年と満年齢

古来、日本では数え年で年齢を計算しており、七五三のお祝いも数え年で行っていました。
数え年とは、誕生した年を1歳とし、元旦が来ると1歳プラスします。
満年齢は、誕生した年を0歳とし、誕生日が来ると1歳プラスします。

現在は満年齢で数えるほうが一般的になっているので、満年齢でお祝いをすることも多いです。こどもの誕生月によって差があるので、子供の成長具合や、兄弟姉妹がいて一緒に七五三やお宮参りなどのお祝いを済ませたいなどこどもの状況や家庭の都合を考慮してお祝いの時期を決めることが良いようです。

七五三のお参り

七五三でお参りする神社は、住んでいる地域の氏神様にお参りにいくというのが基本です。はじめてお宮参りをした神社や、大きな神社、有名な神社などの理由で選んでもいいそうです。
気を付けたいのは、お家から近いか、駐車場はあるか、拝殿までの距離など、こどもに負担が少ないことが大切です。慣れないお着物と草履で長時間移動するのは大変です。こどもが機嫌よくお参りを終えられるように配慮しましょう。

御祈祷をお願いしたい場合は、神職の方がいるか、ご祈祷料(初穂料・玉串料等)、混み具合などを事前に問い合わせておきましょう。

お祝いのお食事会

七五三の晴れ姿を見に、普段は離れて暮らしているおじいちゃんおばあちゃんが来てくれることもありますよね。
お参りをして、そのあとはお食事会をという方も多いのではないでしょうか。
七五三のお祝いの食事は、形式もメニューも特に決まりはないようです。ご自宅でも外食でも、お祝いしてくれる方へのお礼の気持ちとおもてなしが大切です。
また子供が着物を着たままかどうかも重要なポイントです。例えば3歳のお祝いで、レンタルのお着物だとしたら外食は難しいと思います。

自宅でしたいけど、お料理の準備が大変、お祝いにふさわしいメニューがいいという場合には、七五三のお祝い料理のケータリングはどうでしょうか?七五三のお祝い専用のメニューを用意している仕出し屋さんもあります。
七五三お祝い料理:季膳味和


いかがでしたか?近頃では、昔からのやり方にこだわらず、子供に無理をさせずに成長のお祝いをしようというのが主流になっているようです。お参りや、食事会は大変だから、お写真だけという方も多いようです。次回はその七五三の記念写真についてご紹介します。