こどもの写真 スマホでとるコツ!

最近はスマホでもきれいな写真がとれるので、こどもをの写真を撮るのはほとんどスマホカメラという方も多いですよね。
今日はスマホカメラでこどもをより可愛く・かっこよくとるコツをご紹介します。

グリット線を表示させる

構図がいまいちだとは思うんだけど、どうしたらいいかわからない。と思ったことはありませんか?
まず、構図を整える手助けをしてくれる「グリット線」をスマホカメラ画面に表示させましょう。
グリット線とは画面の縦横をそれぞれ3分割する線です。

グリット線が交じわる位置(交点)、もしくはグリット線上にこども(被写体)が来るように調整してみましょう。そうすると自然に被写体以外の空間が生まれて、写真に奥行きが出たり、より被写体(こども)が引き立ちます。

レンズをきれいにする

なんとなく画面が暗い、白くぼやける、ピントが合いずらい。そんな時はまずレンズをきれいにふいてください。
スマホのレンズはむき出しなので、指紋やほこりなどが付きやすいです。眼鏡拭きのような柔らかい布でレンズの汚れを取りましょう。
汚れが取れ明るくなると、それだけで写真の映りが変わってきます。

画面にタッチしてピントを合わせる

画面に収めてすぐシャッターボタンを押すのではなく、その前にお顔にピントを合わせるため、画面を一度タッチしましょう。顔認識機能やオートフォーカス機能がついていても、タッチしてピントの位置を指定することでよりきれいに撮ることができます。
またそうすると同時に明るさも自動で調整してくれます。少々逆光気味でもお顔が黒くならずにとることができます。
この時できれば、お顔のさらに目の部分にピントが合うようにタッチするとよりクリアな写真に仕上がります。

明るい自然光の下で撮影する

お天気のいい日の公園で撮ると、急に画質が良くなったように感じた経験はありませんか?プロの写真スタジオではたくさんの明かりを当ててさつえいしていますよね。いい写真を撮るために一番重要なのは光です!写真が暗かったり、被写体に影が入ってしまうといまいちな写真になってしまいます。明るくきれいな写真を撮るには屋外の撮影がおすすめです。
明るい自然光(太陽)はスマホカメラできれいに撮りたいときの一番の味方になってくれます。太陽が撮影者の後ろに来るように意識すると、自然光が子供を明るく照らして、逆光にならずに撮ることができます。
屋内は光量が少なくスマホカメラが苦手なシチュエーションです。屋内で撮るときは、できるだけ光が入る窓の近くで撮影し、撮影者が窓を背にすることで逆光にならずこどもの顔を明るく撮影できます。

デジタルズームとフラッシュは使わない

デジタルズームは画質が荒くなってしまうので使いません。アップで撮りたい場合はこども日数いて撮るなど被写体との距離を変えることで調整します。
またフラッシュは、どうしても暗くて映らない場合のみ使います。自動になっていたらオフに設定しておくのがおすすめです。

連写モードで撮影する

なかなか上手にれない時や、子供が動き回るときは連写撮影がおすすめです。何枚も連続でシャッターを切ることで、目をつぶってしまったり動いてぶれてしまっても、何枚もあるうちの一枚はいい写真が撮れていることがあります。いい写真を撮るために数を多くとるのも大事な手段です。


いかがでしたか?スマホのカメラを使って子供をよりよく撮るコツをご紹介しました。
ひとつずつは簡単なことですが、やるかやらないかで写真の出来栄えが違ってきますよ。ぜひお試しください!