さんま

秋の味覚の代表、サンマの旬は9月から10月です。南の温かい海域で孵化した稚魚が、成長とともに北上し秋になると産卵のために南下します。この産卵を控えた時期のサンマが、産卵のために力を付けようとえさをたくさん食べ脂が乗って一年で一番おいしい旬となります。

成分

サンマは代表的な青魚で、DHAやEPAをたくさん含んでいます。
DHAを摂るとよく頭がよくなると言われていますが、特に脳細胞の活性化や目の網膜活性化に効果があると言われています。また、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きもあるぞうです。EPAは動脈硬化を防ぎ、抗血栓、コレステロールの低下などの作用による脳血栓の予防や改善に効果があると言われています。
また旬のサンマには良質なタンパク質が含まれます。サンマに含まれるアミノ酸は、体内に吸収されやすくビタミンやカルシウム、鉄分なども豊富に含まれています。
なかでも旬の秋のサンマはビタミンB2も豊富で、その含有量は他の魚の3倍!精神の安定、貧血予防、血液の循環をよくする効果があります。
眼精疲労やガン予防にも効くビタミンAも豊富です。

食べ方

美味しいさんまの選び方

  • 口先が黄色いもの
  • 丸々と太さのあるもの
  • 目が澄んでいるもの
  • 触って固く、キラキラとしているもの

内臓も食べられる塩焼き

サンマは消化器官が短いため、餌を食べてから排出する間での時間が30分程しかなく、腹の中に不純物をほとんどためていないため、焼き魚にすると内臓も美味しく食べられます。大人の味ですが、内蔵特有の苦味が旨みとなって身の美味しさを引き立ててくれます。