土鍋ごはん

災害時、電気、ガス、水道が止まった場合、いつも通り炊飯器でご飯を炊くことはできません。そんなとき家庭ではカセットコンロと土鍋があればご飯を炊くことができます。

土鍋ごはんの炊き方

米の準備

まず、炊く前に米を研いで浸水させておきます。夏は30分、冬は1時間が目安です。水量は洗った米が浸かる程度で充分です。その後、米をザルにあげて水を切ります。無洗米の場合も同じように浸水します。土鍋とは別のボールなどで浸水させましょう。
米が十分に水を吸ったら、ざるにあけてしっかり水気を切ります。その後、土鍋に米を移し、2合に対しては水400〜450ml、3合に対しては水600〜650mlを目安に水を加えてください。土鍋によって沸騰までの時間や炊きあがりの状態がずいぶん変わってくるので、水の量は目安として、2回目以降にまた好みの加減に調整して炊いてみてください。

火にかける

土鍋でごはんを炊く場合は、強火にかける必要はなく、熱がじっくり伝わっていくのではじめから中火で炊くのでカセットコンロでも十分 炊飯することができます。2〜3合を炊く場合は、中火にかけて10分ほどで沸騰をはじめると思います。この時、慣れないうちは土鍋の蓋をとって、沸騰しているかを目で確かめるとよいです。
沸騰した後は『弱火にして15分炊く』これが土鍋ご飯の基本の炊き方となります。熱を逃がさない土鍋だからこそ、弱火でも中はしっかり沸騰した状態を保ってくれるのです!
15分たったら蓋を開けてみて、水気の残り具合を確認します。ごはんの表面から水や大きな泡がブクブク出ているようならまだ水気を飛ばし足りていない状態です。弱火のまま水気がなくなるまで、追加で1〜2分ごとに確認しつつ火にかけてください。

水がなくなってくれば、土鍋に耳を近づけたとき小さく“パチパチ”という音が聞こえる鍋もあります。 音や目で水気が残っていないことを確認したら、一度火を中火に戻して10秒ほど加熱します(これは後の蒸らしのため。おこげを作りたいときは鍋によりますが20〜30秒ほど中火にかけることを一度お試しください)

後は火からおろして10分蒸らせば美味しい土鍋ご飯の完成です。蒸らし終えたら蓋をとって全体を混ぜ、余分な水分を飛ばします。 土鍋は他の鍋に比べて吸湿性にも優れているので、土鍋にご飯を入れておいてすごくべちゃつくということはありませんが、 蓋と土鍋の間に布巾をはさんでおくとよりよいです。