トマト

トマト

南米原産のトマトは、日本には江戸時代に観賞用として伝わったのがはじまり。食用として本格的に市場に出回ったのは昭和に入ってからだそうです。生食用の大玉トマトが一般的でしたが、中玉トマト、ミニトマトなども登場。小さめで甘みの強いフルーツトマトなど、さまざまな品種が生まれ、今では食卓に欠かせない野菜になっています。

成分

「トマトが赤くなると医者が青くなる」と諺があるように、トマトには、ビタミンA、Cのほか、栄養がたっぷり詰まっています。特に注目なのが、トマトの赤い色を作り出すリコピンという色素。リコピンはカロテノイドの一種で、熱に強く油に溶けやすい性質があります。油と一緒に調理することで体内への吸収量がアップするので、炒め物などで効率よく栄養を摂るのがおすすめです。

食べ方

その美味しさと色の華やかさで、そのままスライスしただけでも十分に一品として食卓に並べられるトマトですが、栄養を逃さず食べるために、油でいためる「トマトと卵の中華炒め」やカレーに入れるのもおすすめです。
また最近ではトマトにはうまみ成分グルタミン酸が豊富に含まれることが注目され、お料理のだしの役割をしてくれるとしてトマト鍋やトマト炊き込みご飯も人気があります。