とうもろこしについて

とうもろこしは南北アメリカ大陸が原産地の野菜です。

ほのかに甘い風味と食感の良さから世界中で栽培されています。とうもろこしは作付面積に対する収穫量が多いことから多くの地域で主食として扱われる他、
近年では燃料など工業用作物としても注目されています。

とうもろこしを家庭で食べる際は風味と栄養を楽しめる方法で調理するのが美味しく食べるコツです。炭水化物と食物繊維が豊富なことから、特有の風味を損なわない塩ゆでなどの加熱調理が適しています。
また、粒をゆでて封入した缶詰やレトルトパックを使うことで、
手間をかけずに食材として活用出来るのも利便性の高さに繋がっています。
近年ではスープ用に粉末加工された製品も販売されているので、
工夫次第で様々なレシピに活用することが可能です。

とうもろこしは温暖な気候を好み、乾燥に強いことから家庭菜園での栽培が可能です。
成長が早い品種を選ぶことで誰でも簡単に育てることが出来ますが、
とうもろこしは他の苗から飛散する花粉を受粉しないと実を付けません。
そのため、獲れたての美味しい一本を楽しむためには複数の苗を植えることを心がけます。
また、未熟な実は芯が付いたまま加熱することでヤングコーンとして食べることが出来ます。